« 暑い~ | トップページ | 不動産の名義変更の期限 »

2009年7月15日 (水)

遺言の検認

 大切な方が亡くなって、その方の遺言が出てきたときの手続きをご存知でしょうか?今日はその手続きについて書いてみます。

 公正証書遺言であればおそらく遺言執行者の方がいらっしゃると思うのでその方に連絡をすれば相続手続きは進んでいきます。しかし、自筆証書遺言、秘密証書遺言が出てきた時の手続きをご存知の方は少ないと思います。

 封をしてある自筆証書遺言や秘密証書遺言が出てきた場合は、封を切ったから遺言が無効になるというわけではないのですが封を切ってはいけません。そのままの状態で亡くなられた方の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に遺言の検認の申し立てをします。

 この遺言の検認をしないと手続きが進んでいきません。遺言の検認の申立ては必要書類の収集等で煩雑なので、自筆証書遺言や秘密証書遺言が出てきた場合は弁護士または司法書士に相談してください。

|

« 暑い~ | トップページ | 不動産の名義変更の期限 »

遺言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遺言の検認:

« 暑い~ | トップページ | 不動産の名義変更の期限 »